顔ジャパン

稲葉監督率いる侍ジャパンのメンバーが発表されました。


投手陣は田中将大、菅野智之、大野雄大らベテランと

森下暢仁、山本由伸、平良海馬らの若手を上手く組合わせ

た感じのメンバーです。


野手陣は坂本勇人、柳田悠岐、山田哲人、浅村栄人、鈴木

誠也の常連組に村上宗隆 、吉田 正尚 らのフレッシュな

メンバーです。


全体を一目見た感想はここ数年の実績、言わば「顔」で選

んだメンバーで今のコンディションを優先した訳ではない

のかなぁ?と思いましたね。


確かに国際試合ですから経験も必要です。

でも菅野選手は登録抹消されましたし、大野投手、マー君も

今一つ。

坂本選手は骨折が癒えたばかりですし、4番候補の鈴木選手

は絶不調です。

さすがに靱帯損傷で投げられないエース候補の千賀滉大、

腓骨骨折のユーティリティ外崎修汰らは選ばれませんでした

けれど、いつもの常連組がどうもパッとしません。


その上、セリーグ打点王の岡本和真、防御率1位の柳裕也、

パリーグのセーブ王松井裕樹の3人の名前が有りません。

今ならこの3人は入れておかないといけません。


つまり稲葉監督はプレミア12を経て選手を「顔」で選んだ

と言う事なんでしょう。

顔と言ってもイケメンを…って事ではなく、ここ数年の活躍

を加味して選手を選んだんでしょう。


選考に納得いかない人も多いでしょうが、今回は自国開催の

「東京オリンピック」です。

時代の顔を選びたくなる気持ちも理解はできます。

まあ仮に顔で選ばれたとしても、元々実力のあるメンバーです

から、勝てばいいんです。

勝って稲葉監督を胴上げする事が出来れば、結果、このメンバ

ーがベストメンバーになるんですから。

もう狙うは一択、金メダルしかありません。

頑張れ、侍ジャパン!!

スポンサーサイト



9秒95

やっと出ました、山縣選手の9秒台、それも9秒95!

見事な日本新記録です。

おめでとうございます。


私はここ数年、ずっと山縣亮太押しで日本人初の9秒

台は山縣選手だと公言していましたが、故障がちで

レースにも出ない日々が続き、山縣押しの看板を下ろ

さなければいけないのかなぁとしょげていたら、先日

の織田記念陸上で9秒台ランナーを抑え見事復活、

そして遂に9秒台の仲間入りの日本新記録です。


これでオリンピック標準記録も突破しましたので、後

は日本選手権で代表が決まります。


この最終選考レースはかなり見ものです。

山縣選手、サニブラウン選手、桐生選手、小池選手の

4人の9秒台に加え、今回小池選手を破り2位でゴール

した10秒01の多田選手が加わる超デッドヒートです。

多分…


私が注目しているのは山縣選手!とお思いでしょうが

実は違います。

個人的には山縣選手は決まり!だと思ってますから!

そこで、まずは他の選手のコンディション、モチベー

ションを見てみましょう。

去年までとガラッと様子が違います。


1年オリンピックが延長になった恩恵を一番受けている

のはもちろん故障から復活できた山縣選手です。

逆に負の影響が出ているのが桐生選手と小池選手の

「先輩9秒台」の2人。

去年にピークを持ってきていた訳では無いのでしょうが

2人とも精彩に欠けています。

桐生選手はアキレス腱に痛みが出て昨日のレースの決勝

を棄権しています。

3位の小池選手も練習内容への不安を口にしています。

サニブラウン選手は海外のレースに出ながらのマイペー

ス調整ですが6月1日のレースで追い風3m以上でタイ

ムが10秒25とこれは遅すぎます。

と言うか準備が遅すぎると思います。


ここでダークホース的に現れたのが多田選手です。

彼こそが私が注目している選手です。

なぜがと言いますと、昨日のレースの彼のスタートダッ

シュが山縣選手より早かったからです。

私が山縣押しの一番の理由がスタートダッシュが日本一

だからです。

その山縣選手にスタートで優位に立ち中盤までトップ

だった多田選手の走りは見事でした。

なので私の勝手な内定は山縣選手と多田選手です。


日本選手権の決勝がデッドヒート…多分と書いたのは

他の選手が仕上げてくれる事を期待して書きました。

仕上がって来ないと100m走もそうですが日本得意の

4×100mリレーが心配です。

さてどんなレースになるのでしょうか。

丸 佳浩

巨人の丸選手が不調を理由に2軍に落ちてしまいました。

ここまで40試合で.227、ホームラン4本、打点8です。

彼の特徴の出塁率は3割後半でまずまずですが、打点8は

かなりビックリです。


私が素人なりに見て感じた丸選手の不調の原因は下半身と

目です、素人なりですよ、あくまでも。


足を大きく上げてタイミングを取る丸選手は軸足の強さが

必要です。

これは一本足打法の王貞治さんや中日の大豊さんなんかも

同じ悩みを抱えていました。

なので鍛錬して王さんと大豊さんは物凄いふくらはぎして

ましたね。

でも丸選手は結構足が細いです。

足の上げ方が王さん大豊さんとは違うかもしれませんが、

年齢的にも30代になり前の様に軸足に粘りがなくなって

打つ時に身体の上下のブレだけでなく、遅い球には前に

おびき出され、それを気にすると早い球に振り遅れる、

そんな悪循環が起きている気がします。


でも私がそれよりもっと心配なのが目です。

なぜ目がと思ったかと言うと、打撃よりもですが何だか

守備がおかしいからなんです。

先日5月25日、東京ドームでの楽天との交流戦で2度、

それも2者連続でライナーせいの打球をはじいています。

公式結果は2本ともヒットですが私は2本とも獲れたと

思ってます。

同じ日にフェンスにぶつかりながら好捕したプレーがその

後有って何となく忘れられがちですが私はあのプレーで

丸選手の目が心配になりましたね。


まぁ素人目ですけど、いずれにしても丸選手の復活は

絶対に必要だと思いますし、今年はオリンピック休暇が

1か月近く有り、かつクライマックスシリーズもあります

のでラストスパートの時期に間に合うように帰って来て

欲しいですね。


田中 豊樹

田中豊樹…巨人の中継ぎ投手です。

彼の特徴はノーコン、ホームベースの全然手前で

ワンバウンドする事もあります…ほぼほぼ登板す

る度に!


彼がどんな役目をしているかと言うとビハインド

の時に回を進める役、まあ悪く言うと敗戦処理係

と言うのかもしれません。


日の浅い野球ファンはこの係に理解がありません。

プロ野球には何点差でコールド負けみたいなルール

は無いのでどれだけ点差がついても9回まではやら

なければいけません。

そこに勝ちパターンの投手は使いたくない、そこで

田中豊樹投手が投げる訳です。

まぁそこで好投すれば少しは人気にもなるのでしょ

うがそこで繰り広げられる「暴投劇」で巨人ファン

からの評判は最悪です。


私が今、夜な夜な夢で見ているのが実はこの田中豊

樹投手が覚醒した姿です。

田中投手が1軍でも全然打たれずナイスピッチング

を続け、敗戦処理から段々そのポジションを上げて

行き最後は守護神になり日本シリーズで胴上げ投手

へ…田中投手を罵倒していた巨人ファンの多くが

「トヨキン(田中投手のあだ名)ありがとう!」

「トヨキン、今まですまなかった!」と涙する…

巨人ファン総手のひら返し現象が起きれば物凄く

盛り上がるんじゃないかと。


そんな私の夢に向けて、今日田中投手がまた1軍に

戻って来ました。

さあトヨキン、ジャイアンツドリームを見せてくれ!


クサガメって外来種?

我が家で飼っている2匹のクサガメ。

今年で21歳、今月の初めに冬眠から目覚めました。

今年は3月の終わりに暖かい日が続き、1度目覚めて

しまいました。

こんなのは21年間飼っていて初めてです。


そんな我が家のクサガメ、私がホームセンターで

ゼニガメとして購入した21年前の2000年は在来種

だと言われていました。

在来種の亀はニホンイシガメ、ニホンスッポン、そ

してクサガメだと言われていたのに2004年辺りから

急に外来種扱いになってしまいました。

江戸時代に中国や朝鮮半島、台湾から来たと。

外来の根拠は江戸時代以前の地層からクサガメの化石

が発見されていないからだそうです。

ちょっと乱暴な根拠ですよね。

それまでは在来種として、保護すべきと言っていたの

に急に悪者みたいな扱いです。


こうした扱いになったのも絶滅危惧種であるイシガメ

との交配種が発見されたりしたことも影響があるのか

もしれません。

イシガメは絶滅危惧種ですからね…


また生態系で上位になる亀は雑食で魚や昆虫やエビ等の

小さな生き物や草等も食べます。

他の貴重な生き物や植物を食べてしまう恐れも懸念され

ると言う訳です。

まぁこれはクサガメだけの話ではないのですが…

元はと言えば亀の住む環境の多くを人間が開拓し破壊し

てしまい、イシガメとクサガメの縄張りが近付き、他の

生き物との生息域が狭くなった事に原因があるのではな

いですかね?


現在、クサガメは中国や朝鮮半島では個体数を減らして

いて絶滅が危惧されているそうです。

でも日本では普通に池や沼に生息しています。

ミドリガメで有名な外来種ミシシッピアカミミガメと

場所を争うように甲羅干ししている姿を公園等でよく

見かけます。

我が家の雌雄の亀も至って健康で食欲も旺盛です。

日本の気候にとても合ってる(元々日本に居たのでは?)

気がするんですけどね。


もちろん外来も在来も関係ありません。

私の家族ですから大切に育てます!